機械学習の勉強のために2冊の本を購入した

Hobby
投稿日2019年08月27日 10:00

概要

機械学習の勉強をしたいという思いから、勉強のために2冊の本を購入しました。

<h2>購入の時に注意した点</h2>

まず、本を購入する前に機械学習に関する本はそれなりにあるため、基準を決めて購入する必要があります。

私が購入するための基準として決めたのは、理論について詳しく説明しているものよりは機械学習の雰囲気ややり方が分かるような本を購入しようと思いました。
これは、あまり機械学習の勉強に時間をかけたくなかったのと、機械学習と一言で言っても範囲が広くいまだに活発に研究がされているため、わからない部分や新しい部分は自分で調べればいいかなという考えからこのような基準で本を選びました。

購入した本

早速、本屋に行って本を探しました。
本屋で探すのは、購入前に本をめくって中身を確かめられるからです。

そこで、2つの本を購入しました。

この本を選んだ理由は、理論を説明しながら実践にも踏み込んで説明をしているため、機械学習の実際のやり方を知ることができそうだと思ったからです。
なぜ2冊なのかと言うと、2冊目の深層学習はよく世間で言われるディープラーニングのことで、ディープラーニングについて知りたいと思っていたから購入しました。

<h2>さいごに</h2>

機械学習の勉強はまだ始めたばかりで、覚えることも多く日々研究が進んでいる分野のため、最新情報のキャッチアップが重要です。

本を読んで満足するのではなく、次に繋げていけたらいきたいと思います。