KVMのパフォーマンスを上げるためにしたこと

サーバ
投稿日2019年09月11日 10:00

概要

KVMを使ってサーバの仮想化をしているのですが、デフォルトの状態ではイマイチパフォーマンスが悪いと感じたため、チューニングを行いました。

ここでは、私が行なったチューニングの内容を紹介します。

<h2>環境</h2>
  • Ubuntu 18.04

KVMとは

KVMは、仮想化ソフトウェアのひとつです。
仮想化ソフトウェアでは、仮想環境を作り、そこでOSの実行させることができるため、既にUbuntuなどのOSを実行しておきながらさらにOSを動かすことができます。

私はこのKVMでサーバを構築しています。
また、KVMはコマンドで操作をするように設計されていますが、コマンドで操作するのは扱いづらいため、virt-managerというGUIで動作する管理ツールを使用しています。

<h2>チューニング</h2>

デフォルトの状態では、動作がもっさりしているように感じました。

そこで、色々と調べながらチューニングを行いました。

注意: チューニングの際には、チューニング後にパフォーマンスの計測をして前の状態と比べる必要がありますが、私は面倒なのでそこまで行なっていません。
そのため、他の環境では逆にパフォーマンスが落ちる可能性があり、注意が必要です。

ストレージのチューニング

ストレージのチューニングとして、主にキャッシュの設定などを見直しました。

設定は仮想マシンの情報画面からブートディスクを選択して表示される画面から行います。

設定内容は次の通りです。

  • ディスクバス: VirtIO
  • キャッシュモデル: writeback

<h2>CPUのチューニング</h2>

CPUのチューニングとしては、CPUの設定を見直して処理の効率化を狙っています。

設定は仮想マシンの情報画面からCPU数を選択して表示される画面から行います。

設定内容は次の通りです。

  • 「ホストCPUの設定をコピーする」にチェックを入れる

ネットワークのチューニング

ネットワークのチューニングとして、NICの設定を見直しています。

設定は仮想マシンの情報画面からNICを選択して表示される画面から行います。

設定内容は次の通りです。

  • デバイスのモデル: Virtio

<h2>さいごに</h2>

私の行なったチューニングについて紹介しました。
私としてはこれで結構快適になったのですが、他の環境でもそうなるかは分かりません。

あくまで一例として参考になれば幸いです。