Microsoft 365でメールの設定をしたらエラーが発生

Tips
2020年10月11日 10:00

概要

最近、メールサーバをMicrosoft 365(旧Office 365)のサービスを使用するようにしました。

しかし、Microsoft 365でメールを利用したら500番のエラーが発生し、満足に使えないということがありました。

今回、どのようにしてこのエラーを解決したのかを説明します。

Microsoft 365

Microsoft 365は、Microsoftが提供している企業向けの総合サービスです。メールサービスやチャットサービス、Officeなどが利用できます。

これは個人で使うことも可能なため、メールサービスやチャットサービスを使うことも目的に、今までOfficeを使用するために契約していたサービスからMicrosoft 365 Business Standardに乗り換えました。

設定とエラー

乗り換えの方法については、契約の方法によって異なるためここでは説明しません。

今回、Microsoft 365はメールサーバのために利用するため、最初にメールサーバの設定をしました。

設定としては、自前のドメインの登録とメールのエイリアスの登録のため、それほど面倒な設定ではありませんでした。

しかし、設定後にMicrosoft 365のWebメールサービスであるOutlookにアクセスするとエラーが発生してしまいました。また、メールサービスを管理するExchangeにアクセスしてもエラーが発生しました。

解決方法

様々な解決方法を試しました。

1つめは、ブラウザからアクセスするのがいけないのではないかということで、スマートフォンのOutlookアプリからアクセスしてみました。そうすると、普通に使うことができました。しかし、同じようにブラウザからアクセスするとうまく動きませんでした。

アプリからアクセスするだけにするというのも悪くはないのですが、できればブラウザからアクセスしたいので、他の方法も試してみました。

2つめに試した方法は、ブラウザのキャッシュを削除してアクセスするということです。しかし、この方法でも問題は解決しませんでした。

このあたりで、問題を解決するのが面倒になってきました。そこで、時間をおいてアクセスしてみました。これが3つめの方法です。

3つめの方法では、半日ほど時間をおいてからOutlookにアクセスしてみました。今回はこの方法で問題が解決しました。

このような方法で解決したため、なぜエラーが発生したのかよく分からないのですが、想像ではクラウド上の設定の反映やキャッシュなどの関係でこのようなことが発生したのかと思います。

さいごに

時間を置いたらうまくいったということのため、問題の解決方法はなんとも言えないものとなってしまいました。

このような設定は、Googleのサービスの方がこなれているような感じがします。