iOS 14のPicture in Pictureが想像以上に良い

Tips
2020年10月12日 10:00

概要

iOS 14のPicture in Pictureについて、感想を書きました。

iOS14

iOS 14が2020年の9月にリリースされました。

iOS 14では、ホーム画面のカスタマイズができるようになったり、メールのようなデフォルトのアプリを変更できるようになったりしました。

全体として、UIの変更が多い印象です。

iOS 14で追加された機能として、今回私が絶賛しているPicture in Picture(PiP)があるので、これについて書きたいと思い、筆を執りました。

Picture in Picture(PiP)

PiPは、動画を画面の隅に小さく表示しておくことができる機能で、画面の隅に表示しておけば、表示させたまま別の作業をすることができます。

これは、最近自宅でパソコンを使って作業をする際に、BGMとして様々な動画を見ているのですが、これと同じことがスマホでもできるということです。

これだけだと、いまいち使いどころがなさそうに思うかもしれませんが、iPhoneを使う場所によっては、絶大な効果を発揮します。

私が使っていて特に効果を発揮するのは、電車の中です。私は、電車に乗ることがあるのですが、乗っている最中はスマホを操作して、何か調べごとをしたり、RSSの確認をしていることがほとんどです。このようなときにPiPを使うことで、今までのパソコンでの作業と同じようなことができるようになります。

パソコンでBGMとして、動画を流すというのは、最近のテレワークの広がりで増えてきているかと思います。そのような方には特に刺さる機能ではないでしょうか。実際私は、今後のiOSのアップデートでこの機能がなくなってしまったら、Appleに要望を出したいと思うくらい、PiPがすごく気に入っています。

また、知っている人は、iPadOSでは既にPiPが使えたということから、iPadで使ったことがあり、使い心地を知っているということがあるかもしれません。私も使ったことがあるのですが、これを使っていて思うこととして、動画が小さく表示されるため、動画を見にくいと思うかもしれません。特にiPhoneでPiPをしようとすればiPadよりも小さな画面となるため、余計に見にくいと感じるかもしれません。しかし実際にiPhoneでPiPを使ってみた感想として、iPadよりも近くで画面を見るため、画面が小さいことは気にならないということがありました。

さいごに

iOS 14で使えるPiPはとても良い機能だと私は思っています。

みなさんも機会があれば使ってみてください。