個人で使うMicrosoft 365 Business Standardの所感

Tips
2020年10月17日 10:00

概要

私一人だけで使用するためにMicrosoft 365 Business Standard(旧Office 365 Business Premium)を契約してみたので、その所感について書きたいと思います。

Microsoft 365を契約した理由

私は元々、Officeを安く利用するためにMicrosoft 365 Apps for businessを利用していました。このプランは、WordやExcel、Powerpointなどの主要なOfficeソフトを自由に使うことができるサービスで、基本的にOfficeしか利用できないプランとなっています。

ちなみに、なぜわざわざ個人なのにビジネス向けのサービスを使っているのかというと、某代理店を通すことで、一般向けのサービスよりも安い値段で利用できたためです。

私のOffice利用スタイルとしては、ソフトを使うときにはすごい使うのですが、使わないときは1か月くらい使わないということが多くありました。

そのため、たくさん使った月にはお金を払って満足しているのですが、ほとんど使わない月については、正直不満がありました。

そこで、もっと他のプランがないかと色々と調べてみたのですが、スマホやタブレットだけで利用できるプランであれば安くはなるのですが、基本的にパソコンで利用することがほとんどのため、今回の利用方法には合いませんでした。

そこで、あえて高い方のプランについて調べてみると、Microsoft 365 Business Standardが今回の利用用途としていいのではないかと思えてきました。

なぜ、高い方のプランがいいように見えてきたのかというと、高い方のプランにはOffice以外の機能が利用できるようになっていたからです。

特に気になったのはExchange(メールサーバー機能)と、タスク管理アプリであるPlannerです。

メールサーバーについては、私が持っている独自ドメインのメールサーバーを別に持っていたのですが、スペックや操作方法の点で少々不満がありました。

タスク管理については、私はちゃんとしたタスク管理をしていなかったため、今回を機に始めてみようと思えたため、ちょうどよかったです。

所感

ここからは、Microsoft 365 Business Standardを使ってみた所感について書いていきます。

まず最初にメールサーバー機能について書きます。

Microsoft 365の場合、まず最初に自前のドメインを登録するところから始まり、その後にメールの設定をします。

ドメインの登録については指示通りにしたらできたので簡単だったのですが、そもそもたくさんの設定項目が並んでいたため、設定を見つけ出すのが大変でした。これについては、他の設定を行う際にも同様で、設定を探し出すのが大変でした。

ドメインの設定後はメールの設定をしたのですが、これについてはなぜか設定後にOutlook.comにアクセスしてもエラーが発生してアクセスできないということがありました。しかし、半日ほど経ったらエラーが発生しなくなったので、ひとまずは事なきを得ました。

実際の使用感としては、Outlook.comの使用感がモダンな感じで使いやすく満足しています。また、メールサーバーの容量も大きいため、使用していて容量の心配がなくなりました。

他のところとしては、スマホやタブレットで使用しているクライアントへのメール設定が、昔のメールサーバーを調べて書いていた方法から代わり、クライアントでの設定にExchange用の設定が追加されているため、やりやすくなりました。

次にPlanner機能についての所感を書きます。

私はPlannerをTeams経由で使用しています。

なぜTeams経由で使用しているのかというと、タスク管理の際にメモなどの情報を書いておきたいということから使用しています。具体的には、Teamsでチームを作成して、そこにPlannerを追加しています。こうすることで、メモをTeamsのチャネルに記述しておくことができます。

タスク管理として「何かをする」という情報を記述しておくというやり方をしているのですが、機能や操作が単純なため複雑なことはできないのですが、単にタスクを管理するということであれば、使用しやすく満足しています。

また、スマホやタブレット用にアプリも用意されているため、それを使えば出先でもすぐに使用できるため管理もしやすいです。

さいごに

全体として、月500円ほど支払いが増えたのですが、タスク管理やメールサーバーなど新たに使用できる機能が増えたため、満足しています。

Microsoft 365は、他にもいろいろな機能があるため、今後も色々と調べながら、使いこなしていけるようにしていく予定です。