UbuntuにJuliaをインストール

プログラミング
投稿日2019年07月17日 10:00

概要

Juliaというプログラミング言語があります。
Juliaは科学計算用途で開発されたもので、ネイティブコードに変換してから実行するため、Pythonなどと比べて高速に動作します。
もちろん、科学計算以外にも使うことができます。

今回は、このJuliaというプログラミング言語の環境をUbuntuにインストールする方法を紹介します。

環境

  • Ubuntu 19.04
  • Julia 1.1

インストール

Juliaのインストールでは、現時点で(2019/07)PythonやRubyのようなpyenvやrbenvなどの便利なインストールツールがないため、プログラミング言語のバージョン管理をするのは難しいです。

そのため、今回は公式で配布されているバイナリをダウンロードする方法でインストールします。
他にも、ソースコードからビルドする方法もありますが、これは手間がかかるため、今回はしません。

Juliaのバイナリは次からダウンロードできます。

https://julialang.org/downloads/

今回はUbuntuで動かすので、「Generic Linux Binaries」というものをダウンロードします。これには、CPUのアーキテクチャや動かしているOSのビット数によってインストールするものが変わります。
アーキテクチャやビット数は、uname -aコマンドを実行することで調べることができます。

適切なバイナリをダウンロードしたら、圧縮形式なので解凍します。

$ tar -zxvf julia-xxxx-linux-x86_64.tar.gz

バージョンによってファイル名が変わるので、適当に変えてください。

解凍したものは、ホームディレクトリに移動します。

$ mv julia-xxxx ~/

次にパスの設定をします。

パスを通すために、次の内容を~/.bash_profileなどに追記します。

export PATH="~/julia-xxxx/bin:$PATH"

解凍してできたディレクトリのbinディレクトリにパスを通します。
パスを書き終えたら次のコマンドで反映させます。

source .bashrc

juliaコマンドを実行できて、対話型の実行環境が表示されればインストールは終わりです。

$ julia
               _
   _       _ _(_)_     |  Documentation: https://docs.julialang.org
  (_)     | (_) (_)    |
   _ _   _| |_  __ _   |  Type "?" for help, "]?" for Pkg help.
  | | | | | | |/ _` |  |
  | | |_| | | | (_| |  |  Version 1.1.1 (2019-05-16)
 _/ |\__'_|_|_|\__'_|  |  Official https://julialang.org/ release
|__/                   |

julia> 

これはexit()というコマンドを実行すれば終了できます。

さいごに

バイナリがすでにあるため、インストールは簡単にできました。

私自身、まだ触り始めて間もないため、色々と使っていきたいと思います。