Gentoo Linuxにおける日々のパッケージ管理

サーバ
2020年02月12日 10:00

概要

現在、開発用のLinux環境としてGentoo Linuxを使用しています。

そこで、普段Gentoo Linuxのパッケージ管理で実行しているパッケージ管理のコマンドについて説明します。

環境

  • Gentoo Linux

パッケージの更新

Gentoo Linuxでは、パッケージの管理にPortageを使用しています。
Portageを操作するコマンドとしてはemergeというコマンドがあるため、基本的にemergeコマンドを利用してパッケージの管理を行います。

早速、パッケージの更新をしましょう。パッケージの更新では、emergeコマンドのオプションを指定して行います。

emerge --ask --update --deep --with-bdeps=y @world

ここでは、--askをつけているため、更新前にどのようなパッケージが更新されるのかを確認できます。

もし、USEフラグを変更した場合は--newuseオプションをつけて、USEフラグの変更による再コンパイルが必要かどうかを確認したほうがいいでしょう。

これで、更新をすることができます。

さいごに

emergeコマンドは、正直操作が覚えにくいコマンドだと思います。

分からなくなったらその都度確認しながら進めていくのが良いと思います。