Microsoft 365のメールサーバでは送信元メールアドレスが制限される

Tips
2020年10月08日 10:00

概要

Microsoft 365(旧Office 365)のメールサーバからメールを送る際には、送信元のメールアドレスを登録されたものしか使用できません。

この仕様に行き着くまでのお話をします。

メール送信

自分でホスティングしているWebサービスから、何かあった際にメールを送るようにしているのですが、これにMicrosoft 365のメールサーバを使用することにしました。

Microsoft 365では、SMTPサーバにログインすることでメールを送信することができるのですが、これを使ってみようとしたら、エラーが発生してうまくいきませんでした。

エラーの内容としては、データが間違っているというような内容でした。正直この部分はうろ覚えなのですが、何かしらのエラーが発生していました。

原因

調べてみると、Outlookの低優先メールの設定を変えると良いという内容があったのですが、そもそも今のMicrosoft 365ではそのような設定がなかったため、この方法による解決法はうまくいきませんでした。

さらに調べてみると、メールの送信元をログインの際に使用するメールアドレスと同一にしなければならないというものがありました。私の場合は、Webサービスからメールを送る際には、どのようなメールサービスからメールを送られたのかを分かる様に、送信元のメールアドレスを変えていたため、これが原因だったようです。

解決

解決方法としては、送信元のメールアドレスをログインに使用しているものに変更するということなのですが、あまりやりたくない解決法です。しかし、色々と調べてみても送信元のメールアドレスを変更することはできないようです。

そこで、Microsoft 365のメールアドレスを使用するのは諦め、Gmailを使うことにしました。

Gmailについては、このような制限はないため、送信元のメールアドレスを変更してメールを送ることができるため、私の目的にはぴったりでした。

さいごに

Microsoft 365に送信元のメールアドレスを変更できないという仕様があるとは思いませんでした。