RancherOSとDockerの更新方法

サーバ
2020年02月21日 10:00

概要

私は、一部のサーバでRancherOSを使用しています。

RancherOSは非常に軽量で、Dockerだけを使うような環境では便利です。

ここでは、そのRancherOSの更新方法を紹介します。

環境

  • RancherOS v1.5.4

RancherOSの更新

RancherOSの更新は、サーバにログインしてコマンドを使って行います。

最初に次のコマンドで現在の使用しているバージョンの確認と最新のバージョンがあるかを確認します。

$ sudo ros os list   
rancher/os:v1.5.5 local latest 
rancher/os:v1.5.4 local available running
rancher/os:v1.5.3 remote available 
rancher/os:v1.5.2 remote available 
rancher/os:v1.5.1 remote available 
rancher/os:v1.5.0 remote available 
rancher/os:v1.4.3 remote available 
rancher/os:v1.4.2 remote available 
rancher/os:v1.4.1 remote available 
rancher/os:v1.4.0 remote available 
rancher/os:v1.3.0 remote available 
rancher/os:v1.2.0 remote available 
rancher/os:v1.1.4 remote available 
rancher/os:v1.1.3 remote available 
rancher/os:v1.1.2 remote available 
rancher/os:v1.1.1 remote available 
rancher/os:v1.1.0 remote available 
rancher/os:v1.0.5 remote available 
rancher/os:v1.0.4 remote available 
rancher/os:v1.0.3 remote available 
rancher/os:v1.0.2 remote available 
rancher/os:v1.0.1 remote available 
rancher/os:v1.0.0 remote available 
rancher/os:v0.9.2 remote available 
rancher/os:v0.8.1 remote available 
rancher/os:v0.7.1 remote available 
rancher/os:v0.6.1 remote available 
rancher/os:v0.5.0 remote available 
rancher/os:v0.4.5 remote available

rancher/os:v1.5.4 local available runningのように書かれているバージョンが使用中のバージョンです。

また、rancher/os:v1.5.5 local latestのように書かれているものは最新のバージョンです。

このように確認して、最新のものがある場合は更新をします。

更新は次のコマンドでできます。

$ sudo ros os upgrade

指示に従って操作をして、最後に再起動をします。

これで、RancherOSの更新ができました。

Dockerの更新

RancherOSの更新をした場合に、自動でDockerも更新されるかというと、そんなことはありません。

そこで、Dockerの更新もしておきましょう。

インストールできるDockerの確認と最新のDockerの確認は次のコマンドでできます。

$ sudo ros engine list  
disabled docker-1.12.6
disabled docker-1.13.1
disabled docker-17.03.1-ce
disabled docker-17.03.2-ce
disabled docker-17.06.1-ce
disabled docker-17.06.2-ce
disabled docker-17.09.0-ce
disabled docker-17.09.1-ce
disabled docker-17.12.0-ce
disabled docker-17.12.1-ce
disabled docker-18.03.0-ce
disabled docker-18.03.1-ce
disabled docker-18.06.0-ce
disabled docker-18.06.1-ce
disabled docker-18.06.2-ce
disabled docker-18.06.3-ce
disabled docker-18.09.0
disabled docker-18.09.1
disabled docker-18.09.2
disabled docker-18.09.3
disabled docker-18.09.4
disabled docker-18.09.5
disabled docker-18.09.6
disabled docker-18.09.7
disabled docker-18.09.8
current  docker-18.09.9
disabled docker-19.03.0
disabled docker-19.03.1
disabled docker-19.03.2
disabled docker-19.03.3
disabled docker-19.03.4
disabled docker-19.03.5

currentと書かれているものが、現在使用しているDockerです。

他のバージョンを見ながらインストールしたいDockerを決めます。

今回は、最新のdocker-19.03.5をインストールします。

Dockerの更新は次のコマンドで行います。

$ sudo ros engine switch docker-19.03.5

switchの後に、Dockerのバージョンを指定します。

switchの場合、自動で指定したバージョンに切り替わるので、再起動は入りません。もし、再起動後に新しいバージョンを使うようにしたいということであれば、switchではなく、enableを使います。

これでDockerの更新ができました。

さいごに

RancherOSは人気がないからか、情報が少ないです。

RancherOSの情報を探している人の参考になれば幸いです。