Gentoo Linuxで最新のFirefoxを使う方法

Tips
2020年03月18日 10:00

概要

私は開発用のマシンとしてGentoo Linuxを使用しています。

そこでは、ブラウザとしてFirefoxを使っているのですが、emergeからインストールできるFirefoxは、延長サポート版(ESR)のため、バージョンが少し古いです。

私は、最新機能にいち早く触れたいと思っており、できるのであれば最新のFirefoxを使いたいと思っています。

ここでは、Gentoo Linuxでemergeを使って最新のFirefoxをインストールする方法について紹介します。

emergeの設定

emergeで最新のFirefoxを使う場合、Firefoxパッケージのマスクを解除する必要があります。

最初に、/etc/portage/package.accept_keywordsに次のように記述します。

www-client/firefox ~amd64

~amd64の部分は、それぞれの環境に合わせて変える必要があります。

これで、最新のFirefoxがインストールされるようになりました。

しかし、このままではインストールの際にいくつかのパッケージが競合してしまうため、インストールできません。

そのため、特に競合するlibvpxやlibwebpについて、フラグを変更しておきます。
フラグの変更は/etc/portage/package.useに次のように記述します。

www-client/firefox -system-libvpx -system-webp

これで、設定は終わりです。

インストール

設定を終えたので、インストールをします。

# emerge --sync
# emerge --ask www-client/firefox

ソースコードからビルドするため、時間がかかりますが、これでインストールできます。

さいごに

フラグの変更をするということに気づくまで、結構ハマりました。
場合によってはフラグの変更をしなくてもインストールできるのですが、タイミングによっては競合が発生します。

また、今回ソースコードからビルドしました。
もし、バイナリをインストールしたい場合は、パッケージ名をfirefoxからfirefox-binに変えてインストールします。