MacBookをデスクトップPCのように使うという選択肢

Hobby
2019年10月01日 10:00

概要

私はパソコンとしてMacBook Proを使っています。

MacBook Proは、持ち運びができるノートパソコンなので出かけた先で使うのにはいいのですが、自宅で使う時にはモニタに表示させたほうがいいと私はいいと思っています。

そこで、クラムシェルモードについて説明します。

環境

  • MacBook Pro

クラムシェルモード

クラムシェルモードとは、一言で言うならばMacBookを閉じていてもモニタに出力できるモードで、macOSに搭載されている機能です。

このモードを使う時には、MacBookを閉じているため、別にマウスやキーボードを接続して、HDMIやDisplayPortなどでモニタと接続する必要があります。

そのような準備が終わったら、MacBookを閉じると自動でクラムシェルモードに切り替わります。

これだけでクラムシェルモードが使えます。

利点

私が感じるクラムシェルモードの利点は、MacBookのマウスやキーボード以外のものが使いやすくなり、モニタとして好きなものを使えるというものだと思います。

私は、タイピングすることが多いためキーボードはMacBookのものよりも気に入ったものを使いたいです。

欠点

キーボードやマウス、モニタなどの初期投資がかかるという欠点があると私は考えています。

しかし、今のMacBookに不満があるのであればクラムシェルモードを使ってMacBookを使うというのはいい方法だと思います。

さいごに

クラムシェルモードはMacBookの使い方の一つとしてもっと有名になってもいいと私は考えています。

必要な道具が揃っているならば、いい選択肢だと思うので、やってみることをすすめます。