「AIの遺電子 (アイのイデンシ)」を読んだ

AIの遺電子(アイのイデンシ)というマンガを読んだ感想です。

スポンサーリンク

AIの遺電子とは

AIの遺電子というマンガの1巻を読みました。

このマンガは週刊少年チャンピオンで連載されています。

読み方は、アイのイデンシと読みます。AIと書いて、「エーアイ」ではなく「アイ」と読みます。

内容は、現在でいうところの、AI(人工知能)が進化して、人と同じ思考ができるヒューマノイドが人口の1割を占める世界で、医者として働く主人公と、それを取り巻くヒューマノイドと人間の生活を描いた作品となっています。

感想

この作品では、ヒューマノイドや、一部を機械に置き換えた人間など、様々な人物が現れて、それぞれの価値観を展開していきます。

例えば、1話において、ウイルスに汚染されたヒューマノイドが、禁止されているバックアップを使って、治療をして欲しいという依頼を、医者である主人公にします。主人公は、このような違法なこともする医者であるので、治療自体はおかしなことでもないのですが、この1話において問題となるのが、バックアップを作成したタイミングから後の記憶は復元できないというところにあります。

この1話のお話は、中々面白いと感じました。なぜなら、今後AIを搭載したヒューマノイドが登場する過程で、このような事態になるのは必然であると言えるからです。

他にも、10話では、人間から離れて暮らすヒューマノイドが登場します。

このヒューマノイドは、機械である自分が、なぜ人間の生き方に縛られなければならないのか悩み、最終的に主人公の助けを借りて海中で暮らしているというお話です。

この10話のお話においても、このように、AIが必ずしも人間の想定するような生き方をしないということについて考えることができます。

帯について

少し、お話が変わりますが、この本の帯には、「これぞ近未来版ブラックジャック!」という文句が書かれています。

確かに、ブラックジャックのお話の通り、主人公が医者であり、助手もいます。

他にも、いくつかブラックジャックと共通点があります。

なので、ブラックジャックが好きというのであれば、是非読むことをお勧めします。

作者の別作品

作者である、山田胡瓜さんは、過去に、「バイナリ畑でつかまえて」というマンガを出しています。

現在の社会では、MMOなどのゲームやSNSなどのテクノロジが発展して、コミュニケーションのあり方が変わりつつあります。

これらのテクノロジが発展している、現在または少し未来を舞台に、人間模様が描かれているのが、この「バイナリ畑でつかまえて」という作品です。

是非、AIの遺電子が面白いと思ったのであれば、こちらも読むことをお勧めします。

まとめ

人工知能が発展した未来を描くというのは、SF作品としては、よくあるのですが、この作品では、その雰囲気をより現実味を持って感じることができました。

このようなSF作品な好きが方は是非、読んでみることをお勧めします。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする