いきのこれ! 社畜ちゃん を読んだ

電撃コミックスNEXTから刊行されている「いきのこれ! 社畜ちゃん」というマンガを読みました。

スポンサーリンク

概要

「いきのこれ! 社畜ちゃん」というマンガは、とある企業に努める「社畜ちゃん」とその社畜ちゃんの先輩である「先輩さん」、後輩である「後輩ちゃん」、同期社員である「同期ちゃん」などの人物が、会社で働く様子を描いた作品です。

このマンガは、紙の雑誌ではなく、@vitaminというネット上のサイトで公開されています。

@vitaminは、ニコニコ静画の公式マンガとして公開されています。さらに、KADOKAWAの運営しているComicWalkerでも公開されています。

ニコニコ静画: http://seiga.nicovideo.jp/comic/19038?track=official_list_l1

ComicWalker: http://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_AM16000009010000_68/

もともとこのマンガは、原作者であるビタワンさんが書いていたものを公開していたものだったのですが、途中で作画の結うき。さんが加わり、その後@vitaminの創刊と共に、連載がスタートしました。

@vitaminでの連載後も、ビタワンさんのサイトで、同じものが公開されています。

http://syachiku-chan.com/

感想

システムエンジニア(SE)を主人公とした作品なので、主人公の業務内容や様子がブラックです。

しかし、基本的な内容はギャグなので、それほどブラックであるとは思えません。

原作者のビタワンさんがあとがきで、電撃文庫から刊行されている「なれる!SE」を読んだという内容を書いており、さらに「なれる!SE」のように読んだ人が元気が出たら嬉しいというようなことも書いています。

「なれる!SE」は、システムエンジニアとして就職した文系の人が、最初は右も左もわからず悪戦苦闘するという話です。就職した企業がブラックなので、残業当たり前、休日出勤当たり前という企業で、どのように主人公が行動していくのかというのが見所となります。

社畜ちゃんの話に戻すと、主人公がシステムエンジニアであるので、共通点がいくつかありますが、先ほども書いてあるように、基本的な内容はギャグなので、なれるSEよりは(小説とマンガを比べるのはどうかという意見があると思いますが)内容が軽くて読みやすいと思います。

ただ、刊行されているコミックの方では、おまけとして、「社畜ちゃんの昔話」が掲載されています。

このおまけは、@vitamineに掲載されていたものとは、一風変わって、ギャグの要素が少なく社畜ちゃんのシステムエンジニアとしての活動の様子が描かれている作品となっています。

私は、コミックの中で一番内容がブラック(システムエンジニアっぽい)だと思いました。

内容が気になる人は、現在おまけの前編部分が公開されているので、見てみるといいと思います。

さいごに

最近、このようなシステムエンジニアを主人公とした作品をいくつか見かけます。

ただ、ほとんどの内容がシステムエンジニアの業務が、ブラックであるということがよく分かる内容となっています。

なので、システムエンジニアの業務がブラックではないマンガがないかなと最近思うようになっています。

候補としては、「SE」や(システムエンジニアではないけどIT企業に勤めてるという意味では同じなので)「NEW GAME!」がありますが、これらも完全には、ホワイトでないです。

よって最近は、マンガで描かれるシステムエンジニアのブラックな話は、少年マンガの敵のようなものだと思うようにしています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする