新米探偵、データ分析に挑む を読んだ

SBクリエイティブで出版されている、新米探偵、データ分析に挑む を読みました。

スポンサーリンク

概要

今回、下記の本を読みました。

概要は、出版社の商品詳細の部分から引用しています。

新米探偵、データ分析に挑む

データ分析にまったく縁のなかった《僕》が、探偵事務所に就職し、職場で出会う事件(トラブル?)のなかで、データ分析の基本から高度な手法までを身につけていきます。数理的な知識は不要。商店街の住人たちからのさまざまな無理難題を、社長の天羽さんにはどつかれて、助手のいっ子さんにはやさしくフォローしてもらいながらのデータ分析修業。とりわけ、頼りになるのは、フリーソフトのRStudio。統計学もRも初心者レベルの《僕》だけど、扱い方からていねいに解説してもらって、なんとかなったぞー!

技術書としては珍しい書き方をしている印象を受けます。

概要を簡単に説明するのであれば、物語形式でR言語とR言語を使う際に便利なIDEであるRStudioの使い方を覚えることができる本です。

感想

私は、この本を読んで初めてR言語を使ってみました。

R言語は、主にデータ分析の分野でよく使われる言語であることは知っていたのですが、詳しい使い方などはさっぱりでした。

しかし、新米探偵、データ分析に挑むでは、物語形式で説明されるので、データ分析を使うことのできる場面の描写があってから、R言語の使い方やその分析方法についての説明があります。

なので、どのようなときに、どのような方法で分析を行うのかということがよく分かりました。

これは、物語形式で書かれているこの本の最大の特徴でもあると思います。

さらに、物語の途中で、その場面でのまとめを頻繁に示してくれるので、分かりやすいです。

他にも、章の最後には、章のまとめとして、その章で出てくるR言語のプログラムについて一覧で説明してあります。これで、物語の中に散らばっているR言語のプログラムをまとめて見ることができるので、後で見返した時に便利です。

ただ、不満な点があるとしたら、もっとたくさんのR言語の使い方や分析方法について知ることができたらと思いました。

まあ、この部分は、物語形式で書かれている本の宿命と言える部分でもあると思いますが……。

さいごに

データ分析初心者で、データ分析ではどのような事ができるのか知りたいという人は、読みやすいので、是非読んでみることをおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする