BOOK WALKERの横断検索が便利

BOOK WALKERの横断検索を使ってみたら、便利でとてもおもしろい検索方法だったので、紹介します。

スポンサーリンク

BOOK WALKERとは

KADOKAWA直営の電子書籍ストアです。

KADOKAWA直営ということからも分かるように、KADOKAWAの本がたくさん販売されていますが、そのほかの出版社の本も販売しています。

BOOK WALKERの横断検索

今回お知らせしたのは、BOOK WALKERの横断検索という検索方法です。

横断検索

この検索を利用すると、本のタイトルで検索をして、さらに本文からも検索をします。

なので、タイトルに検索したい語句が含まれてはいないが本文には含まれているという本も探すことができます。

例えば、「人工知能」と検索をすれば、タイトルと本文中に「人工知能」という語句が含まれている本を探してきます。ここまでは、普通の横断検索です。しかし、BOOK WALKERの横断検索のすごい点は、一部の本に対して、「人工知能」が書かれている前後の文を見ることができます。

この検索を利用すると、ある程度ではあるのですが、検索したい語句の使われ方が分かります。

注意として、文字を画像として保存しているマンガ等はタイトルしか検索できないようです。

保有書籍の横断検索

さらに、この横断検索は購入した本のみに絞って検索をすることができます。

保有書籍検索

この検索は、BOOK WALKERのアカウントを持っていて、さらに本を購入している必要があります。

横断検索と同じで、本文から検索をします。違いは、検索の対象が検索する人の購入した書籍のみということです。

この検索を使うと、小説であれば、キャラクターの名前を覚えているけどどの作品に登場するのか分からないというときに、キャラクターの名前を検索すれば、その作品のタイトルが分かります。

他にも考えれば、色々な使い方が想像できます。

注意として、こちらも同じく文字を画像として保存しているマンガ等はタイトルからしか検索できないようです。

さいごに

私は電子書籍ストアとして、主にBOOK WALKERを利用しています。

なので、今回は私が今回見つけたおもしろい検索について紹介しました。

この記事を見る人には、いままで電子書籍を購入したことがないという人もいるかもしれません。

そのような人は、この記事をきっかけにして是非、電子書籍を購入して読んでみてください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする