私の見ている無料でマンガを公開しているサービスを紹介します

スポンサーリンク

概要

現在、私はいくつかのネットで無料で公開されているマンガを読んでいます。

ネットで公開されていると言っても、Webサイトとして公開されているものや、アプリのみでの公開しているものなどがあります。

今回は、実際に私が利用しているものを、サービスの使いごごちと共に紹介します。

※ここで書くことは2017年1月16日現在の内容です。今後、サービスの内容が変わっていることがあると思うので、その場合は気をつけてください。

comico

最初は、comico(コミコ)です。

このサービスは、アプリでマンガを公開するということに関して古くからやっており、現在でもたくさんのオリジナルのマンガを公開しています。

マンガの更新は、毎日しており、各作品ごとに一週間で一話を更新しています。

そのため、毎日のようにアクセスしてマンガを読めます。

ちなみに、これらのマンガは編集者が見てから公開されているので、公式作品と呼ばれており、そのほかにもアマチュアの方が自由に公開できる場所も用意されているので、それらも見ることもできます。

もしかすると、利用者が多いので、利用したことがある人もいるかもしれません。

しかし、2016年11月29日にリミューアルして、昔とマンガの公開のルールが変わりました。

大きく変わった点として、リミューアル時とそれ以降に公開されているマンガに関して、レンタル券というものが配布されるようになり、それを使って見るようにルールが変わりました。

レンタル券は作品によって1日、3日、6日で回復して、新たにレンタルできるようになります。

そのため、レンタル券が回復するまで次の話数を見ることができません。

でも、お金を払ってでも次のお話を読みたいという人もいます。その人達のために、応援ポイントというものが購入・配布されるようになりました。この応援ポイントは運営から配布、またはお金を払って購入できます。

なので、お金を払ってでも見たい場合は、応援ポイントを購入して見ることができます。

昔に利用したことがあるけれど、最近は利用したことがないとういう人はここに気をつける必要があります。

Comico Plus

comicoの姉妹サービスです。

comicoでは、全年齢で見ることができるということだったのですが、comico Plusでは、青年向けを対象にした作品を公開しています。

そのため、規制の厳しいアプリでは作品が公開されていますが、一部の過激な内容の作品はWebサイトでしか公開されていないものがあります。

Comico Plusでは、現在のcomicoと同じようなレンタル券を使って見るような仕組みになっています。

そのため、レンタル券の回復中に次の作品を見たい場合は、お金を払う必要があります。

私は、Comico Plusの公開時にcomicoで見ていた作品の一部がComico Plusに移籍したので、これを利用しています。

GANMA!

GANMA!の特徴は何と言っても、無料で全ての作品が一話から最新話まで見れるということです。

このように無料で全ての作品が見れるサービスはあまりないのでとても嬉しいです。

作品は一週間ごとにお話が公開されていきます。

実は、GANMA!には公開前のお話が1話あるのですが、これは有料のプレミアム会員になると見ることができます。

Comic Walker

大手出版社であるKADOKAWAが運営しています。

そして、公開されている作品はKADOKAWAの出版している雑誌に掲載されている作品からComic Walkerオリジナルの作品などたくさんあります。

ほとんどの作品が公開されてから次のお話が出るまでの間が公開期間となっているので、読むのなら早めの方がいいです。

Comicメテオ

このサイトは、comicoやGANMA!と比べるとかなり昔からあります。

そして、作品数も多いです。

ほとんどの作品が公開されてから次のお話が出るまでの間が公開期間となっているので、読むのなら早めの方がいいです。

ガンガンONLINE

SQUARE ENIXが運営しているサービスです。

最近は、「新連載攻勢」という言葉を使ってたくさんの新連載を載せているので、非常に今後が気になっています。

「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」や「月刊少女野崎くん」などアニメ化した作品もいくつかあります。

まとめ

よく、私が見ているネットで無料で公開されているマンガを紹介しました。

皆さんも、何かこの中からお気に入りの作品が見つかることを祈っています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする