マンガUP!の概要と感想を書いてみた

スポンサーリンク

概要

2016年1月7日に、SQUARE ENIXから「マンガUP!」というサービスがリリースされました。

マンガUP!では、SQUARE ENIXから出版されているマンガの作品を読むことができるサービスです。

今回、リリースされた当初から使って1週間以上経ったので、どんなものかという紹介や、今までの使ってみた感想を書いていきたいと思います。

※この記事は、2016年1月18日に書かれたものです。

作品

まず、公開されている作品について見ていきます。

公開している作品として、SQUARE ENIXを代表するような「鋼の錬金術師」や「魔法陣グルグル」から始まり、他の色々な作品を含めると100作品以上が公開されています。

作品は、現時点で1週間に1話ずつ更新されています。

読み方

作品を読むためには、MPやMP+やマンガコインと呼ばれるポイントが必要で、1話読むごとに20ポイントずつ減っていきます。作品の1話目などはポイントを消費せずに無料で読むことができます。ちなみに、1話読み終えて作品の紹介ページに戻り、もう一度同じ作品を読む場合はまた20ポイント消費して読むことになります。

ポイントについて説明しておきます。

MPは、最大80ポイントあり、一日2回、8時と20時に80ポイントまで回復します。

なので、 1話に20ポイント使用するとして、一日に8話分見ることができます。

MP+は、特定のアプリのインストールや、サービスの契約などをすると、取得できるポイントです。

マンガコインは、お金で買うことができるものです。

お話を読むときの注意として、雑誌等の掲載時の1話のお話が長いものは、2から4話程度に分割して公開されているので、その分割されたお話ごとにポイントを消費します。

大体ですが、どの作品でも1話のページ数は近いものとなっています。

キャンペーン

現在、サービスの公開を記念して複数あるポイントのひとつであるMP+を1000ポイント(50話読めます)プレゼントするキャンペーンを行なっています。

このキャンペーンは、終了日時が予告されていないので、もしマンガUP!を使うので、このキャンペーンがある内に利用することをオススメします。

さらに、通常作品は1週間に1話更新されるのですが、「鋼の錬金術師」と「妖狐×僕SS」は1日1話のペースで更新されています。

なので、この作品は速いペースで読み進めることができます。

感想

リリース当初のサービスとしては、非常に多くの作品数があるように感じられます。

そして、長いお話は数話に分割されて公開されていますが、無料で手に入るMPのみで最大8話のお話を読むことができるので、とても満足度が高いと思います。

ただ、不満としては、公開されている作品はSQUARE ENIXで出版している雑誌等に既に掲載されている作品がほとんどで、マンガUP!オリジナルの作品がないわけではないですが、少ないので、もう少し増えてほしいなとは思います。

あと、ポイントで読むお話で、次の話に移動するとその話はまたポイントを消費しないと見ることができないので、続きのお話で前のお話に戻りたくても戻りたくないということになってしまいます。

さいごに

最近、出版社が運営している、このような作品公開用のサービスが増えています。

それらと比べると、やはり公開されている作品数は100を超えているので、非常に多いです。

そのため、好きな作品に出会える可能性は高いと思います。

皆さんの、好きな作品に出会える手助けができたら幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする