mineoで契約事務手数料を減らす方法

MVNOのひとつであるmineoで契約をする際に手数料として3000円かかります。

今回は、この契約事務手数料を減らす方法についてまとめました。

スポンサーリンク

mineoの契約事務手数料

mineoでは、回線を契約する毎に、契約事務手数料として3000円かかります。

この契約事務手数料を無料とまではいきませんが減らす方法が分かりました。

方法

mineoは、お申し込みをするときに、エントリーコードの有無を聞いてきます。

mineo-entry

このエントリーコードを入力すれば、契約事務手数料をかけずに契約をする事ができます。

エントリーコードは、エントリーパッケージを購入することによって、手に入ります。

購入は、大阪にあるmineoのアンテナショップや一部の家電量販店、Amazon等のネットショップで購入ができます。

例えば、Amazonであれば、このような価格で購入できます。

私が見た時点で、972円でした。

このように、エントリーパッケージを買ってから契約したほうが、3000円の契約事務手数料をかけずに、エントリーパッケージの価格で契約することができます。

他の方法

他にも、プリペイドパックというmineoをお試しで利用できるパックがあるので、こちらを利用するという方法もあります。

こちらは、一度プリペイドパックで契約してから(手数料無料)、通常の月額プランに契約変更するという方法です。

注意点として、この方法では、090音声電話がないシングルプランでしか契約ができないです。

なので、シングルプランを検討していて、mineoで本当に使えるのかを確認してから、mineoの契約をしたいという場合に取るべき方法だと思っています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする