ライトノベルの電子書籍販売日の目安

ライトノベルの電子書籍の販売日についてまとめてみました。

スポンサーリンク

概要

ライトノベルはその名の通り、ライト(軽く)に読めるノベル(小説)なので、気づかない内にたくさん買ってしまうということがあります。

なので私は最近、かさばらない紙の本から、電子書籍を買う比率が増えています。

さらに、電子書籍は、紙の本より安く、セールなどもやっていることもあり、財布にやさしいです。

しかし、電子書籍は紙の本と比べると、販売日が遅れている場合もあるので、分かりやすく、それらについてまとめてみました。

まとめたといっても、私が普段読んでいるライトノベルのレーベルについてのみです。

ちなみに今回調べたストアは、BOOKWALKERKindleです。

KADOKAWA

KADOKAWAは複数のライトノベルレーベルを持っており、ほとんど販売日がおなじなので、それらを一気に説明していきます。

同日販売のものから順にまとめておきます。

調べたレーベルは下記のとおりです。

  • MF文庫J
  • MFブックス
  • スニーカー文庫
  • ファミ通文庫
  • ファンタジア文庫
  • 電撃文庫

同日販売

KADOKAWAのレーベルは電撃文庫を除いて、ほぼ全て紙と同日に販売しています。

しかし、これはBOOKWALKERだけです。

おそらく、BOOKWALKERはKADOKAWA直営の電子書籍ストアだからだと思われます。

それ以外

BOOKWALKER以外のストアでは、約1か月遅れての販売になります。

例外として、電撃文庫のみ約2か月程度遅れて販売になります。

HJ文庫

紙と同日販売です。

GA文庫

GA文庫は、紙の本よりも少し遅れて販売になります。

出版された月の25日前後です。

ガガガ文庫

ガガガ文庫は、紙の本よりも少し遅れて販売になります。

出版された月の月末です。

ダッシュエックス文庫

ちょうど1か月遅れての販売になります。

まとめ

ここでまとめたものは、ほんの一部です。ほかにもライトノベルのレーベルはあります。

そして、電子書籍の注意点として、全ての紙の本が電子書籍として販売されているわけではありません。

さらに、人気作品などは例外として、紙と同日販売ということもあります。

ちなみに、今回まとめてみて、過去の情報と違っているということがありました。

よって、今後販売日は変わることも考えられます。

なので、これはあくまでも目安として考えてください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする