Deviseの日本語対応

スポンサーリンク

概要

Railsでユーザ管理にDeviseというgemを使っている人は多いと思います。

ここでは、そのDeviseの表示を日本語に対応させる方法を紹介します。

環境

  • Rails 5.1
  • Devise 4.4

日本語対応

Deviseの日本語のためには、Deviseの表示を日本語にするためのロケールファイルが必要です。

自分でロケールファイルを作ることも可能ですが、それは面倒です。

そのため、有志の人が作っているDeviseの日本語のロケールファイルを使いましょう。

for devise 4.2.0
for devise 4.2.0

これをconfig/locales/devise.ja.ymlという名前で保存します。

これでDeviseの日本語対応は終わりです。

ちなみにもしconfig/initializers/locale.rbというファイルがない場合は、新たにlocale.rbというファイルを作成して次の内容を書き込んでください。

I18n.config.available_locales = :ja

I18n.default_locale = :ja

この設定は、Deviseの日本語対応に使われるi18nというgemの設定をするためのものです。

i18nはRailsのインストールの際にインストールされているので、特別何かをインストールする必要はありません。

もし、i18nの設定をした場合は、設定を反映させるためにWebサーバの再起動が必要です。

さいごに

毎回やり方を忘れてしまうので、今回書きました。

誰かの参考になれば幸いです。

コメント