Gemのインストール時にドキュメントをインストールしない

スポンサーリンク

概要

RubyGems(以下Gem)のインストール時に、何もオプションを指定しなければ、そのGemのドキュメント(RDocとri)もダウンロードします。

今回は、そのドキュメントをインストールしない方法についてまとめておきます。

古い方法

インストール時にオプションを指定することによって、ドキュメントをインストールしないようにします。

–no-riと–no-rdocオプションを指定します。

しかし、現在ではこのやり方は非推奨となっています。

そして、ネットで検索した時に、古い記事の場合は、この方法が使われていることが多いです。

新しい方法

現在では、指定するオプションが変更されています。

–no-documentオプションを指定します。

古い方法と比べて、オプションの名前が直感的になっているような気がします。

オプションの指定が面倒な時

場合によっては、ドキュメントなんていらないとことがあると思います。

その場合に、毎回インストール時に–no-documentと入力するのはかなり面倒です。

なので、カレントディレクトリに.gemrcというファイルを作成して、普段からドキュメントをインストールしないように指定することができます。

これで、インストール時と、アップデート時にドキュメントがインストールされなくなります。

まとめ

.gemrcに設定を書いておけばいいだけなのですが、どのように書けばいいのか忘れてしまいやすかったので、備忘録としてまとめておきます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする