Gemのアップデートの方法

プログラミング言語Rubyには、Rubyのライブラリ等を管理するRubyGemsというパッケージ管理システムがあります。

ちなみに、インストールされるライブラリ等をGemパッケージといいます。

今回は、このアップデート方法を調べてまとめました。

スポンサーリンク

RubyGemsのアップデート

最初に、RubyGemsというパッケージ管理システム自体をアップデートする方法です。

調べたところ、アップデートの方法は2種類あるようなので、2種類とも書いておきます。

rubygems-updateを利用

rubygems-updateというGemパッケージを使ってRubyGemsのアップデートをする方法について説明します。

こちらのほうが、主流となっているようです。

最初に、rubygems-updateをインストールします。

そして、update_gemsというコマンドを実行するだけです。

これで、RubyGemsのアップデート終了です。

もし、最初からrubygems-updateをインストールしてある場合は、rubygem-updateをアップデートしてから、update_rubygemsを実行します。

gem update を利用

RubyGemsのコマンドで実行する方法について説明します。

下記のコマンドを実行してRubyGemsのアップデートができます。

これで、RubyGemsのアップデート終了です。

Gemパッケージのアップデート

インストールされている全てのGemパッケージをアップデートする方法と、個別にアップデートする方法について説明します。

全てのGemパッケージのアップデート

全てのGemパッケージをアップデートする場合は、下記のコマンドを実行します。

これで、現在インストールされている全てのGemパッケージのアップデートができます。

個別のGemパッケージのアップデート

個別のGemパッケージをアップデートする場合は、下記のコマンドを実行します。

これで、個別のGemパッケージのアップデートができます。

インストールされているパッケージ一覧

現在インストールされているGemパッケージの名前がわからない時は、下記のコマンドを実行すると見ることができます。

パッケージ名は、これを参考にするといいです。

さいごに

このようなパッケージは、車輪の再発明をせずに済むので、なるべく使いこなせるようにしていきたい。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする