Xamarinの種類について

クロスプラットフォームのアプリ開発をするためのXamarinについて、いくつかの種類があるので、それらをまとめました。

スポンサーリンク

Xamarinとは

XamarinはAndroid、iOS、Windows Phoneアプリ、WindowsOSで動くユニバーサル Windows アプリなどをC#(F#を使うこともできる)を使って開発することができるクロスプラットフォームです。

過去には、有料で使う(制限付きの無料版はありました)ことができたのですが、現在では無料で全ての機能を使うことができるようになりました。

ここでは、これらのインストールの方法や、どのような種類があるのかもまとめていきます。

※間違いがあるかもしれません。

Xamarinの種類

Xamarinと一言で言っても、いくつかの種類があります。

下記に列挙します。

  • Xamarin.Android
  • Xamarin.iOS
  • Xamarin.Mac
  • Xamarin.Forms

これらを、ソリューションの作成時に指定して、それにあったアプリを作っていきます。

それでは、一つずつ説明していきます。

Xamarin.Android

名前の通り、Androidアプリを開発するためのものです。

注意してほしいのは、これを使うとAndroidアプリしか作ることができません。

なので、例えばAndroidアプリとiOSアプリで同じソースコードで作成したい場合は、別のものを選択する必要があります。

特徴として、基本的にJavaを使ったAndroidアプリをそのままC#で書くことができるようにJavaと同名、もしくはC#の命名規則に沿って書き換えられたラッパークラスや、ラッパーメソッドを使ってプログラムを書けるようになっています。

このことから、過去にAndroidアプリの開発経験があるのであれば、簡単にアプリ開発ができると思います。

Xamarin.iOS

名前の通り、iOSアプリを開発するためのものです。

Xamarin.Androidと同じで、こちらはiOSアプリしか作ることができません。

なので、Androidアプリも同じソースコードから作りたいという場合は、別のものを選択する必要があります。

こちらもXamarin.Androidと特徴は同じで、ラッパークラスやラッパーメソッドから作っていきます。

開発自体は、Windows搭載のパソコンでできますが、デバッグはMacのパソコンが必要です。

Xamarin.Mac

名前の通り、MacOSで動くアプリを開発するためのものです。

これも同じく、Macで動くアプリしか作れません。

他のもので動くアプリを作る場合は別のものを選択する必要があります。

Xamarin.Forms

基本的に、複数のプラットフォームで動くものを作るのであれば、これを選択することになります。

Macで動くアプリを除いたものを作ることができます。

Windows Phoneのアプリや、ユニバーサル Windows アプリはこれを使って作ります。

複数のプラットフォームで動くようにプログラムを書いていくので、Androidのトースト機能のような、一部のプラットフォームでしか使うことができない機能は、それぞれのプラットフォームで個別に機能を実装する必要があります。

インストールについて

これらのXamarinは、WindowsやMacでインストールされるものが変わります。

具体的には、Windowsでは、Xamarin.Macを除くものをインストールできますが、Macでは、すべてインストールできます。ただし、MacはXamarin.Formsにおいて、Windows Phoneアプリやユニバーサル Windows アプリを作ることができません。

そして、Windowsでは、Visual Studioのインストールで選択することによってXamarinをインストールできます。Macでは、Xamarin Studioというものをインストールすることで、同時にXamarinがインストールされるので、このようにして使うことができるようになります。

まとめ

Xamarinと一言で言っても、いくつかの種類があるようなので、それぞれの違いを理解して、目的に合わせて使い分けるようにしていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする