CentOS 7 にJenkinsをインストール

CentOS 7 にJenkinsをインストールしました。

スポンサーリンク

概要

今回、JenkinsをCentOS 7にインストールしたので、その方法についてまとめておきます。

環境

  • CentOS 7
  • Jenkins 2.9

インストール

Jenkinsは、Javaの環境が必要なので、最初にJavaのインストールをします。

そして、Jenkinsは、yumのリポジトリが公開されているので、その情報を追加して、インストールします。

下記のコマンドを順に実行します。

Jenkinsの設定

Jenkinsは、設定を変更しないままであれば、8080番ポートからアクセスできます。

もし、別のポート番号からアクセスしたい場合は、/etc/sysconfig/jenkins ファイルを書き換える必要があります。80番ポートで通信したい場合は、JENKINS_PORTに80という値を設定します。

さらに、ファイアウォールの設定を書き換えて通信できるようにします。

下記に、8080番ポートで通信する時のコマンドの例を載せておきます。

これで、jenkinsを起動する準備ができたので、起動します。

さらに、サーバの起動時に自動で起動するようにもしておきます。

アクセス

起動後は、Jenkinsにアクセスしましょう。

8080番でアクセスする場合はこのようになります。

http://ドメイン名:8080/

アクセスすると、パスワードの入力画面が表示されるので、サーバで下記のコマンドを実行して表示された文字列をJenkinsの画面に入力します。

その後、Jenkinsにインストールするプラグインを選択する画面が表示されます。ここでは、お好みで選択しておきます。

そして、ユーザー名やパスワードの設定をすれば、Jenkinsを使うことができます。

まとめ

昔にJenkinsをインストールした時とは、手順が変わっていました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする