RancherOSでIPアドレスを固定する方法

スポンサーリンク

概要

私は、Dockerを使っていくつかのアプリケーションを公開しているのですが、そのDockerを動かすOSとしてRancherOSを使用しています。

私のRancherOSを動かしている環境の関係で、RancherOSでは固定のIPアドレスを設定しています。

ここでは、RancherOSを固定IPアドレスで使用する方法を紹介します。

設定

固定IPアドレスの設定は、RancherOSのインストール時に設定を記述したファイルに書くことでできます。

そのため、インストール時に設定する方が簡単にできますが、インストール後でも設定することは可能です。

インストール時に、固定IPアドレスにする場合は設定ファイルを次のようにします。

#cloud-config
rancher:
  network:
    dns:
      nameservers:
      - 192.168.0.1
    interfaces:
      eth0:
        address: 192.168.0.10/24
        dhcp: false
        gateway: 192.168.0.1

それほど難しい内容ではありません。

今回はDNSサーバとして192.168.0.1を指定し、実際にRancherOSに割り当てられるIPアドレスを192.168.0.10/24(/24はネットマスク)。デフォルトゲートウェイを192.168.0.1としています。

この記述を設定したい内容で置き換えてインストールすれば固定IPアドレスとして使うことができます。

もし、インストール後に固定IPアドレスとしたい場合は、/var/lib/rancher/conf/cloud-config.d/user_config.ymlに上記の内容を書きます。

書き換えたら、再起動をすると設定が反映されます。

まとめ

私の環境では、固定IPアドレスの方が管理がしやすいため、固定IPアドレスとして使っています。

設定ファイルを書き換えるだけなので、一度やり方を覚えてしまえば簡単にできます。

同じように、固定IPアドレスとして使いたい人の参考になれば幸いです。

コメント