UbuntuにGrafanaをインストールする

スポンサーリンク

概要

Grafanaという蓄積しておいたデータなどをグラフ等で可視化するツールがあります。

今回、私はこのGrafanaを使ってサーバの状況を可視化しました。

そのときのGrafanaのインストールの方法を紹介します。

環境

  • Ubuntu 16.04
  • Grafana

インストール

インストールには、リポジトリが用意されているので、そのリポジトリを使ってインストールをします。

そのため、インストールしてしまえばapt-get upgradeで更新することができます。

まず最初にGrafanaを使う上で依存するパッケージをインストールします。

sudo apt-get install apt-transport-https

リポジトリの追加として、/etc/apt/sources.listに次の内容を追記してください。

deb https://packagecloud.io/grafana/stable/debian/ jessie main

次に、GPG鍵をダウンロードするために次のコマンドを実行します。

curl https://packagecloud.io/gpg.key | sudo apt-key add -

これでインストールの準備ができました。次のコマンドでインストールできます。

sudo apt-get update
sudo apt-get install grafana

では、起動しましょう。

systemctl daemon-reload
systemctl start grafana-server

アクセス

デフォルトの設定では、3000番ポートが開放されそこにアクセスします。

もし設定を変えたい場合は、/etc/grafana/grafana.iniを編集しましょう。

ポート番号であれば、http_portです。

さいごに

リポジトリがあったため、簡単にできました。

参考になれば幸いです。

コメント