Gitで追跡していないファイルを一括で消す方法

スポンサーリンク

概要

Gitを使ってバージョン管理をしている際に、色々とファイルを追加して機能の実装や変更をしたけれど、やっぱりやめにしてgit resetなどで戻して、追加したファイルをひとつひとつ消している人がいると思います。

このときに、それらのファイルをコミットしているときにはコミットを戻ればいいのですが、コミットをしておらず、わざわざコミットをするのも面倒だということもあります。

そのような時に、追跡していないファイル(Untracked files)を消す方法について紹介します。

方法

実は、追跡していないファイルをまとめて消すcleanコマンドがあります。

なので、そのコマンドを実行すれば一発で解決です。

git clean -f

cleanコマンドに-fというオプションをつけていますが、このオプションがないとファイルを消してくれません。

このオプションはセキュリティのためにあり不用意にコマンドを実行してファイルを消さないようにするためにあります。

もし、このオプションをつけたくないという場合は、次のコマンドなどを実行して設定を変える必要があります。

git config --global clean.requireForce true

さいごに

誰かの参考になれば幸いです。

コメント