学生ならJetBrainsの有料ソフトを無料で使える

学生ならば、JetBrainsの有料ソフトを無料で使えます。

今回は、このやり方についてまとめました。

スポンサーリンク

JetBrainsとは

Intellij IDEAや、ReSharperなどの開発を補助するソフトを作り出している会社です。

一番有名なものは、Intellij IDEAというJavaのIDEだと思います。

ちなみに、これをもとにGoogle社はAndroidアプリをつくるためのIDEである、Android Studioを作りました。

他にも、C#などのソースコードのリファクタリングをしてくれるReSharperは、Visual Studio 2015からインストール時にオプションで、有料版から一部の機能を削ったものをインストールできるようになりました。

このような有名なソフトウェアを作成しています。

学生の特典

これらの紹介したソフトは、仕様版や無料版も公開されていますが機能に制限があります。

しかし、学生であればこれらを含めたJetBrainsの有料ソフトが無料で使うことができます。

これは、学生の間であればずっと使えます。

学生の間だけでも使っておいて損はないと思います。

登録の方法

登録はいくつかの方法でできますが、私のおすすめは学校のメールアドレスを使った登録です。

なので、学校のメールアドレスを用意しておいてください。

私はこの方法を使ったので、この方法で説明していきます。

もし、無いのであれば、学生証や在学証明書などの学生であることを示すものを使うこともできます。

登録は下記のURLからやっていきます。

Free for students: Professional developer tools from JetBrains

開いたら、真ん中の付近にある、APPLY NOW というボタンをクリックします。

そうすると、名前とメールアドレスを入力するページが開きます。

そこに、登録する人の名前を入力します。このときFirst Nameが名前で、Last Nameが苗字です。

メールアドレスには、学校のメールアドレスを入力してください。

ここで、学生証や在学証明書を使って学生の証明をしたい場合は、上部のタブからOfficial documentをクリックして、入力します。

そうすると、入力したメールアドレス宛にメールが届くので、今度はそのメールに書かれているURLから登録の続きをしていきます。

この後の登録を完了させると、有料のIntellij IDEA Ultimateなどを使うことができます。

これらのソフトのライセンス認証は、インストール後に行うのですが、そのときには、登録したメールアドレスとパスワードを使うので忘れないでおきましょう。

ここで私の場合だったのですが、登録後すぐにライセンス認証ができずに困りました。

しかし、何日かおいてから認証したらうまくいったということがあったので、認証できなかったからといって諦めずに何度もしましょう。

さいごに

このような、学生向けにソフトを無料または、安く提供しているものがあります。

これらをうまく利用して、楽しい学生ライフを送って行きたいと思っています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする