macOS で無料でできる最低限のセキュリティ対策

macOS でお金をかけずにできる最低限のセキュリティ対策を紹介します。

スポンサーリンク

セキュリティ対策

皆さんは、ウイルスなどに備えてパソコンのセキュリティ対策をしていますか?

一番手軽なのは、ウイルス対策ソフトをインストールして、それに全てを任せることなのですが、ウイルス対策ソフトのほとんどが有料のもので、お金をかけたくないからといって、無料のものを使うというのも、本当にウイルス対策ができているのか不安だと思います。

そこで、macOS を対象として、無料でできる最低限のセキュリティ対策を紹介します。

macOS のセキュリティ

macOS はよく Windows に比べて攻撃されにくく、ウイルス対策をしなくてもいいと言われています。

しかし、最近は macOS 向けのウイルスが増えており、できればウイルス対策をしたほうがいいと言われています。

(実際に、Windows よりも macOS のほうがウイルスには感染しにくいのは事実です)

ウイルス対策ソフトを利用しない、macOS のセキュリティ対策としてできるのは、それほど多くないですが、これだけはやっておいたほうがいいということで、「ファイアウォール」と「日頃の行い」について説明します。

ファイアウォール

ファイアウォールとは、外部からのネットワークを使った攻撃を防ぐ最低限の機能です。

ファイアウォールを有効にするには、「システム環境設定」から「セキュリティとプライバシー」を選択し、さらに「ファイアウォール」を選択します。

設定の変更には、左下の「変更するにはカギをクリックします。」の通り、カギをクリックする必要があります。

カギをクリックすると、ログインの時に入力するパスワードを入力するように書かれた画面が表示されるので、そこでパスワードを入力します。これで変更できるようになります。

変更が終わったら、もう一度カギをクリックして、変更できないようにしましょう。

ファイアウォールを有効にするには、「ファイアウォールを入にする」というボタンをクリックします。

これでファイアウォールの設定は有効になりました。

日頃の行い

ウイルスに感染する理由の一つに、ウイルスに感染したWebサイトを見るということがあります。

さらに、ウイルスに感染したアプリをインストールするというのもウイルス感染の原因になります。

そのため、日頃から怪しいサイトを見ない、信用できないアプリをインストールしないということを注意しておけば、ウイルスに感染する事は少なくなります。

まとめ

macOS では、ウイルスに感染しにくいのは事実ですが、感染しないわけではありません。

さらに、ウイルスには、感染して入ることを気づかせないようなものも多く、感染していないと思ったら、実は感染していたということもあります。

ウイルスに感染しないように、日頃から怪しいサイトやアプリをインストールしないようにして、外部からの攻撃に備えるためにファイアウォールを有効にしておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする