オペレーティングシステム(OS)についてまとめました

世間には、Windows や macOS などと呼ばれるOSがあります。

これらをまとめました。

スポンサーリンク

オペレーティングシステムとは

普段みなさんが使っているパソコンやスマホにはオペレーティングシステムと呼ばれるソフトが動作しています。

そして、パソコンやスマホは、CPUやディスプレイやメモリなどたくさんのものから構成されており、これらをハードウェアと呼びます。

オペレーティングシステムは、このハードウェアと呼ばれるものを制御するものです。

ちなみに、オペレーティングシステムは、英語の頭文字をとってOS(以降 オペレーティングシステムをOSと表記します)とも呼ばれています。

普段私たちが利用するアプリやソフトと呼ばれるものは、このOSを利用しています。

なので、OSがなければアプリやソフトは起動することはほぼ不可能です。

種類

世間には、このOSがたくさんあります。有名なものでは、Microsoft社が開発・販売している Windows があります。他にも、Apple社が開発している Mac 製品に搭載されている macOS もOSです。

ここでは、主要となるOSの種類を紹介します。

Windows

おそらくほとんどの人が知っている、もしくは知らなくても使ったことがあるOSは、Windows です。

これは、Microsoft社が開発・販売しているOSです。そして、家電量販店やネットショップなどで売られているパソコンのほとんどにインストールされています。

特徴として、ほとんどの人が使ったことがあるので、書籍やネットなどで情報が豊富です。

macOS

Apple社が販売している Mac 製品にインストールされているのがmacOSです。

Apple社が開発しており、基本的に Mac 製品でしか動きません。

特徴として、やはりApple社が製造している Mac 製品でしか動かないため、同じくAppleが開発しているiPhoneなどと連携した機能があります。

Linux

Linux と呼ばれるOSは、世界中にたくさんあります。

これはどういうことかというと、Linux と呼ばれるOSは、Linux カーネルと呼ばれるOSの中でも、非常に重要な部分のみしか用意されていないものを利用して、それに色々なソフトを追加したり、機能を追加したりして作成されたOSのことを指すからです。

Linux カーネルは、誰でも無料で利用することができるので、ある程度の知識は必要になりますが、そのLinux カーネルを利用してOSを作ることができます。

特徴として、ほとんどの Linux が Windows や macOSと違い無料で、さらにそのソースコードが公開されているためアプリやソフトの開発者などに好んで使われています。

Android

Android は、上に書いてある Linux カーネルを用いて、スマホやタブレット用に作られたOSです。なので、Linux の一つです。

スマホで用いられているOSとしては、現在世界一です。

一般的に、iPhone や iPad 以外のスマホやタブレットは Android が使われていると考えて問題と思います。

特徴として、Android のソースコードは公開されており、スマホで利用されているOSとしては、現在世界一です。

iOS

iOS は、Apple社が製造している iPhone や iPad で利用されています。

macOSと同じように、Apple社が開発しています。

特徴として、macOS と同じようにOSと動作する端末の両方を同じApple社が開発しています。

まとめ

ここで紹介したOSはほんの一部です。

世界には、たくさんのOSがあります。

特に Linux は、Linux カーネルと呼ばれる無料で公開されているソースコードを用いて、知識さえあれば、一から作るよりも簡単にOSを作ることができるため、たくさんの Linux と呼ばれるOSがあります。

これらの知識があれば、これからアプリやソフトの情報を見る上で役に立つかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする