Fetch as Google ではスマートフォン用のリクエストもするべきでは

スポンサーリンク

概要

私は、ブログに記事を投稿した際に、Googleのクローラが巡回してくれるのを待つことができないので、よく手動でクローラが巡回してくれるようにしています。

その方法として、Google Search Consoleの「Fetch as Google」を使っています。

今回、他のブログでほとんど書かれていない、私の「Fetch as Google」のやり方を紹介します。

クローラの種類

まず、Googleのクローラにはいくつかの種類があります。

クローラの種類はこちらで確認できるからいいとして、この中でも特に私が重要だと思っているのが、Google ウェブ検索用の「Googlebot」とスマートフォン用の「Google スマートフォン」というクローラです。

ここで、少し前にGoogleが発表したことを紹介します。

その発表内容は、「Googleでの検索結果を、パソコンとスマートフォンで変える」というものでした。

ちょっと待ってください。ということは、クローラがインデックスする内容がパソコン用とスマートフォン用で変わるということを表しているとは思いませんか?

なので、クローラに「Fetch as Google」で公開した内容をインデックスして欲しい時は、両方に教えてあげるべきだと思います。

方法

両方のクローラに教えてあげる方法は、「Fetch as Google」のオプションでパソコン用なら「PC」、スマートフォンなどのモバイル用なら「モバイル: スマートフォン」をそれぞれ指定します。

PC用のクローラの設定

スマートフォン用のクローラの設定

そして、「PC」「モバイル: スマートフォン」それぞれ一回ずつクローラに「インデックス登録をリクエスト」をクリックして、クローラに教えてあげます。

これで、終了です。

まとめ

現在のGoogleは、スマートフォンでの検索の増加から、パソコンでの検索よりもスマートフォンなどのモバイルからの検索を重視しているようです。

実際に、検索での表示の順位も昔はパソコンでの表示の評価を元にスマートフォンの順位を計算していましたが、今では、スマートフォンの表示を元に順位を計算しているようです。

これからは、パソコンよりもスマートフォン利用者をターゲットにしたほうが良さようです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする