ナレッジ系のサービス・ソフトウェアに求めること

調べたことや、やったことのメモを書いておきたいと思い、色々なサービスやソフトウェアを調べてみて、思ったことを書きます。

スポンサーリンク

知識の蓄積

やったことや調べたことを何かに残して置くこと(知識の蓄積)は、後から何をしたかの振り返りや、同じことを調べることを減らすことができるので重要です。

そこで、私自身もメモ書き程度でもいいので、何か残しておこうと思いました。

紙として残すよりも電子データとして残したいので、使えそうなサービス・ソフトウェアを調べてみると、私がこれらに求めていることが分かってきました。

求めていること

結論から言います。

メモ書きでもなんでもいいですが、私がこのような文章を残しておくようなものに求めているのは、「検索」です。

どういうことかというと、文章を残しておくのはいいのですが、それを後から見返したいとなる場合に、検索機能がないと探すのが大変です。

なので、一言で検索といっても、文章を作成した日付、文章の中身など検索の対象は多岐に渡ります。文章は人が残すものなので、検索ワードの一部が異なっていても検索できる「あいまい検索」もあると、もっと良いです。

そのため、書いた文章の分類などはあまり重視しません。文章などをまとめておく機能のメリットは理解できますが、私自身はあまり使わないことが想像できるので検索があれば良いと思っています。

その他にも、Markdownのような簡単な文章の整形ができると良いです。

現状

いくつかのサービス・ソフトウェアを調べてみると、検索機能が充実しているものとしてEvernoteがありましたが、これはMarkdownに対応していないため(他のサービスと組み合わせると使えますが、そのような面倒なことはしたくない)使いたくありません。

Markdownに対応しているサービスについて調べてみると、目についたものについては検索機能があまり賢くなく、こちらもあまり使いたくありません。 

最終的に

色々と調べてみて思ったのが、Evernoteにmarkdownの機能がついていれば最強だと思いました。

なぜなら無料で使えるものの中で、Evernoteほどの検索機能があるものは見当たらないからです。

そのためMarkdownについては妥協して、私は現在、知識の蓄積としてEvernoteを使用しています。

作るのが面倒(作っても、私の技術では既存のものを超えられなさそう)なので、私はやりませんが、もし知識の蓄積ができるようなサービス・ソフトウェアを作るような場合には、検索機能の充実にも目を向けてみて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする