Amazonのカスタマーサービスを使ってみた

Amazonで分からないところがあったので、カスタマーサービスのチャットで質問をしました。

そのときの方法や対応についてまとめておきます。

スポンサーリンク

概要

私がAmazonのポイントを確認してみると、ポイントが付与されていないという現象が発生していました。

そこで、これは何かおかしいのではないかと思い、カスタマーサービスに連絡をしようと思いました。

カスタマーサービスとは

カスタマーサービスは、Amazonでの買い物等でなにか疑問に思うことやおかしいと思ったことを連絡するためのサービスです。24時間受け付けています。

ここでは、電話、チャット、メールの3つの方法で連絡ができます。

今回、私はチャットを使ってカスタマーサービスと連絡をしてみました。

ちなみに、なぜチャットを使ったというと、電話で直接お話しをするのはあまり好きではなく、メールの説明を読むと、お急ぎの場合は電話かチャットをお使いくださいということだったからです。

方法

最初に、専用のWebページから予約をします。

下記のURLから予約ができます。

カスタマーサービスに連絡

予約には、どのようなことでサービスを受けたいのかを選択する必要があります。

今回私は、Amazonポイントのことについてサービスを受けたかったので、ポイントが付与されていなかった商品を選んで、指示に従って選択をして予約しました。

最後に、「お問い合わせの方法を選択してください」ということで、先ほど説明した電話、チャット、メールの中から選ぶことができます。

ここでは、チャットを選びました。

チャットでは、最初にチャットの接続しますかという確認の画面が表示されました。

このとき、チャットの終了時にチャットの内容を登録しているメールに送る機能を使うかの選択ができたので、この機能を有効にしました。

そうすると、接続中という画面が表示されて少しの間待たされます。待ったといっても1分程度でした。

そして、ついにカスタマーサービスの人と連絡を取ることができました。

私の場合は、チャットの途中で、確認に時間がかかりそうなので、確認後に登録メールアドレスに連絡させていただけないですか、ということだったので、そこでチャットが終了しました。

その後、約20分後に詳細な情報が書かれたメールが届きました。

しかし、私はこのメールではよくわからないところがあり、メールの文面に、わからないところはメールに返信しても答えますということだったので、メールに返信する形で、質問を送りました。

そうすると、返信がきました。

最終的に、私はこのメールで問題を解決することができました。

これらの、流れを時系列に表すとこのようになります。

  • 16:00頃 : チャットの利用
  • 16:20頃 : メール到着
  • 19:30頃 : 質問の返信
  • 03:00頃 : メール到着

夜中にまでメールを返してくれたのはかなり驚きました。

さいごに

電話はあまり使いたくないという場合は、チャットが便利なのでそちらを使ってみるといいかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする