Vivaldiを使ってみた

ブラウザのVivaldiを使ってみました。

スポンサーリンク

Vivaldiとは

Vivaldiは、かつてブラウザであるOperaの開発者であった人が、新たに作ったブラウザです。レンダリングエンジンにGoogle Chromeと同じものを使用しているので、プラグインはGoogle Chromeのものがそのまま使えます。

今回、このVivaldiというブラウザを使ってみました。

インストールと設定

インストールは、公式サイトのほうからファイルをダウンロードしてインストールします。

Vivaldi

インストール後の設定として、初回の起動時に、ブラウザの外観を設定する画面が表示されます。

なので、ここで好きなデザインを選んでおきましょう。

その後の設定として、メニューのファイルから、「ブックマークと設定のインポート」を選択して、普段使っているブラウザのデータを移動しておくといいと思います。

このとき、VivaldiはGoogle Chromeのプラグインを使うことができるのですが、Google Chromeから設定のインポートをした場合、プラグインを引き継ぐことはできません。

プラグインを使う場合は、Chrome ウェブストアなどから探してインストールしておくといいと思います。

使い勝手

基本的に、Google Chromeと同じように使うことができました。

タスクマネージャや開発者ツールなども同じように使うことができました。

利点

私が使って感じた、Vivaldiの利点として、Google Chromeよりもデザインが洗練されていて、シンプルであると感じました。

さらに、Vivaldiはパワーユーザー向けと言われているように、操作を簡単にするたくさんの機能があります。

まとめ

機能がたくさんあり、全てを把握して使いこなすのは大変そうですが、それらをうまく使いこなせるようになれば、ネットサーフィンが楽にできることは間違いないです。

あと、私は他のブラウザと比べて、Vivaldiのデザインが好きななので、使っていて楽しいです。

ぜひ、みなさんも利用してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする