パソコンを使ってWi-Fiの電波状況を調べる

Windows 10がインストールされているパソコンを使ってWi-Fiの電波状況を調べる方法についてまとめました。

スポンサーリンク

概要

電波には、限りがあります。これは、無線によってインターネットを使うWi-Fiも例外ではありません。

今回は、このWi-Fiの電波の状況を知ることができるinSSIDerというフリーソフトを使って、電波状況の可視化をしてみます。

inSSIDerについて

このソフトはバージョン4系以降から、有料版となってしまい、無料で使うことができなくなってしまいました。

なので、今回インストールするのは、バージョン3系の最新版です。

ここで注意して欲しいのが、公式サイトではバージョン4系以外のものを配布していないということです。

バージョン3系の最新版を使用するのであれば、公式サイトではなく転載サイトからファイルを探してきて、インストールする必要があります。

この時、間違えてウイルスやアドウェアなどをインストールする可能性があります。十分気をつけなければなりません。

私の場合は、下記のリンクからダウンロードできるファイルをインストールしましたが、現時点では、悪さも広告も表示はしていません。

inSSIDer 3.1.2.1

ついでに、正規版かどうかを確認するためにハッシュ値も載せておきます。

MD5:32c9e8f9bade0be37bf8f52af7f653ff
SHA1:42479fb94c75b8e882326144885e4ae7c8529743
ファイル名:inSSIDer-installer.msi

これらを確認しながら、ダウンロードして下さい。

インストール

ダウンロードしてきたファイルをダブルクリック等で実行すると、英語の画面が出てきて、インストールが始まります。

英語を読みながら、Nextをクリックし続けていれば、インストールは終了します。

使い方

起動は、すべてのプログラムから「MetaGeek」>「inSSIDer Home」をクリックします。

起動後の画面から、上部のNETWORKという名前のタブをクリックすると、現在のWi-Fiの電波状況を知ることができます。

ここでは、左の表では、電波の強度や暗号化の方法、表の下のグラフからは、Wi-Fiのチャンネルなどが分かります。

さいごに

かなり面倒なインストールとなってしまいましたが、現在のWi-Fiの状況が分かるというのは、とても便利なことです。

これを使うことによって、Wi-Fiの調子が悪い時に、電波の混線によるものなのか、機械の調子が悪いということなのかの判断材料となります。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする