eM Clientを使ってみた感想

Hobby
2020年09月25日 10:00

概要

Windowsで使えるメールクライアントとして、eM Clientを使ってみたので、その感想について書きます。

Windowsのメールクライアント

メールを使わない未来が来るという話を聞いて久しいですが、実際メールがなくなるということはありませんでした。

確かに、一部のコミュニケーションはメールからチャットサービスへと変わっていきましたが、すべてではありません。

このような背景から、パソコン上でメールを使う必要があります。

最近であればブラウザからメールの送信や確認ができるようにはなっていますが、たくさんのメールアドレスを持っている場合、この方法ではメールをすべて確認するのは骨が折れます。そのため、パソコン上で複数のメールの送信や確認などができるソフトが必要です。

Windowsでは、Windows 10から純正のメールクライアントがインストールされていますが、これは最低限の機能しかなく、あまり積極的に使いたくありません。

他の物としては、ThunderbirdやOutlookなどがありますが、これらを少し使ってみたところ、動作が重かったり、バグかなにかでそもそも正常に動かないということがありました。

私の場合、利用用途によって結構な量のメールアドレスがあるため、これらのメールクライアントは向かないということなのかもしれません。

eM Clientを使ってみた

今までは、無料で使えるメールクライアントを探してました。しかし、私はハードにメールを使っているためか、無料のメールクライアントでは要望をかなえるのは難しいということが分かりました。

そこで、今度は有料のものを探して、eM Clientというものを使ってみることにしました。

eM Clientを使ってみた感想としては、安定性が高く、思ったよりもちゃんとメールクライアントとして使えるということがあります。つまり、今まで使ってみたメールクライアントと比べてちゃんと使えます。

また、eM Clientの良いところとして、メールクライアントとしての完成度が高く、最近のメールアドレスではカレンダー機能などが統合されていることが多いのですが、それらも含めて同期することができるということがあります。

不満点を挙げるとするならば、あくまでもメールクライアントであるため、それ以外のことができず、何かこの機能があるからeM Clientを利用する、これができるからeM Clientを利用するというものがありません。

しかし、メールクライアントとしての安定性が高くThunderbirdやOutlookのような動作の重さや正常な動作をしないというような問題に遭遇することはないため、今までのメールクライアントは何だったのか思いました。

さいごに

私が今回言いたいことは、今のメールクライアントに不満があるならばeM Clientを進めるということです。

試用期間も用意されているため、気軽に試しやすいですので、是非使ってみてください。