Webでアカウントの使い分けができるBiscuitが便利

スポンサーリンク
スポンサーリンク

導入

同じWebサービスで、複数のアカウントを使用しているという人にとって、毎回ログアウトしたりログインしたりするのは面倒ではないでしょうか。

もしくは、同じアカウントでずっとログインしたままにしておくと、情報流出の可能性があるなどして、プライベートタブを使用したり、毎回ログアウトしたりという人もいるのではないでしょうか。

ここでは、このようなログアウトしてログインし直すようなアカウントを切り替えるのが面倒だったり、ログインしたままで他のサービスを使うのが怖いというようなときに使えるBiscuitというものを紹介します。

Biscuitとは

Biscuit(ビスケット)は、複数のブラウザを立ち上げているように、それぞれの利用しているサービスでログイン情報が共有されないようなWebブラウザです。

Biscuit(ビスケット) | いつものアプリがタブに埋もれない無料ブラウザ
Biscuit(ビスケット)は複数のアプリをまとめて管理できる軽快なブラウザです。いつも使うアプリをBiscuitに登録すれば、目的のアプリをすぐに呼び出して利用できます。たくさんのタブの中からアプリを探す必要はもうありません。Biscuitを使っておだやかな仕事と生活を送りませんか?

つまり、Biscuitを使うことで、例えばGoogleのようなサービスで毎回アカウントを切り替える必要がなくなります。

Biscuitには、あらかじめ主要なWebサービスが登録されているため、それらを選択してログインするだけでそれぞれのWebサービスでログイン情報を共有せずに使うこともできますが、手動でURLを登録して使うこともできます。そのため、無限のWebサービスをBiscuitを使って、アカウントを切り替えたりせず使えます。

Biscuitを使うことでできること

私自身がBisucuitを使ってやっていることとしては、Googleのアカウントを複数持っているのですが、ある特定のサービスについては普段使っているアカウントとは別のアカウントだけしか使うことができないため、そのサービスの使用にBiscuitを使用しています。

また、Googleアカウントについては、ログインしたままではGoogle Driveのアクセスに手間取ったり、それぞれのアカウントのメールを確認するためにアカウントを切り替えたりしなければならないため、Biscuitを使ってそれぞれのアカウントですぐにメールが見られるようにしています。

他にも、ログインしたままにしておきたくないが、毎回ログインし直すというのも面倒と言うときに、そのサービス専用のブラウザとしてBiscuitを使うこともできます。

さいごに

Biscuitの便利さは使ってみないと分からないかもしれません。

全て無料で使うことができるサービスですので、とりあえず使ってみることを勧めます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました