Visual StudioでTypeScriptファイルが勝手にコンパイルされる

スポンサーリンク

概要

Visual StudioでASP.NET CoreのWebアプリケーションを開発しているのですが、TypeScriptのソースコードを作成すると勝手にコンパイル(トランスパイル)してJavaScriptが作成されます。

この問題の解決方法を紹介します。

環境

  • Visual Studio 2019
  • .NET Core 3.1

解決方法

Visual Studioは、IDEとしてとても優秀ですが、機能がたくさんあるため、いらない機能などもあります。今回のTypeScriptを勝手にJavaScriptにコンパイルするというのも、私の環境ではいらない機能です。

ちなみに私は、使い慣れているWebpack等を使って、TypeScriptをJavaScriptに変換しています。

プロジェクトのファイルを見ると、それらしい設定があるのですが、グレー表示となっており、設定ができません。

「何も設定されていません」となっているのに、勝手にコンパイルされるので、正直何が何だかという気持ちです。

調べてみると、直接プロジェクトの設定ファイルに、適切な設定を記述することでコンパイルされないようになるようです。

プロジェクトファイルである、csprojファイルに次の内容を追加しました。

<PropertyGroup>
  <TypeScriptCompileBlocked>true</TypeScriptCompileBlocked>
</PropertyGroup>

これで、勝手にTypeScriptファイルがJavaScriptファイルに変換されることはなくなりました。

さいごに

Visual Studioは高機能で使いこなせれば確かに便利なのですが、たまに余計なお世話というのもあります。

同じ問題で困っている人の参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました